Home > 桑原祐子 > 3秒後には、欲しがりのキス

3秒後には、欲しがりのキス

3秒後には、欲しがりのキス (GUSH COMICS)
桑原 祐子
海王社 (2014-04-10)

10年越しの片思いの末、失恋した夜。バーでヤケ酒をしていた怜は、男ながら美人な黒田に声をかけられた。誰でもいいからぬくもりが欲しくて、そのままホテルへ。ところが、まさかの…俺が下!? 思いも寄らぬ展開に失恋の悲しみもふっとび、また会いたいと言う黒田から逃げ帰った怜。この夜のことは忘れようと誓ったのに、仕事上で黒田と再会して…!? みだらでキケンなラブ攻防❤


 「抱かせてよ」 「抱かせろよ」

 表題作(高校生×古書店店主)+リンク作(オレサマ×泣きぼくろ美人)
 歳の差、年下攻、リーマン。

 どんなに恋愛感情を向けられても子供の頃から面倒を見てきた相手に恋はできないと、せめて攻が成人するまでの猶予をくれと逃げる受のちょっぴりズルくて苦悩の日々のお話(表題リンク作「三つ数えて、キスをして」)と、失恋した夜に行きずりの相手に抱かれてしまった攻がその相手と思いがけず仕事場で再会、真摯に仕事に取り組む姿勢や困った時に助けられたことで次第に惹かれていくお話(表題)

 リンクしてる2作なので感想もまとめてで失礼。

 全体的な印象としては、どちらの話もほんのりとした切なさと甘酸っぱさが同居してて良かっただけに、どうせならそれぞれ1冊の長編で読んでみたかったなーというのが正直なところ。
 せっかくテーマは面白いのに、コンパクトに収まりすぎててアッサリしてるのがちょっと勿体なかったです。

 とはいえ表題の攻×攻は期待してたのとは違ってたけどリバ展開は意外性あって面白かったし、なんだか可愛い大人の恋って感じで微笑ましい二人で良かったです。
 本編のラストも可愛かったけど、描き下ろしの「勝利と敗北」もニヤニヤしっぱなしってくらい、黒田のメロメロな不安っぷりや、怜のほうもなんのかんので黒田との関係にハマってるのがニヤニヤでした♪
 ただ、攻×攻っていうのとリバ展開に期待して読むと期待はずれになること請け合いなのでお気をつけて(苦笑) 初回のエチだけ不可抗力でリバになってしまっただけで、基本的には黒田のほうが先に惚れ込んでたのと受オーラ出まくりなので怜×黒田固定っぽかったので。

 リンク作は、最初こそ独占欲を押し付けるような告白だった晴悠(攻)が、三年間のうちに自分の感情を押し付けるだけでなく綾人(受)の苦悩と葛藤を待てる、精神的に我慢強い青年に成長していたのが好印象でした。年下なのにどこか泰然としてて、綾人の言葉通り約束を守ろうとする静かだけど揺らがない想いが良かったです。
 ただそのぶん、綾人の弱さがとても目についたのは残念だったなー。
 子供の頃から面倒を見てきた相手だけに彼の葛藤も理解はできるんだけど、自分のことを好きだという相手をセフレにしてて、しかも晴悠を受け入れたことで罪悪感を感じながらもアッサリ切っちゃうのがやっぱり引っかかっちゃうというか。
 そのあたりの、年下の隣人に対して恋心を抱いている苦悩と葛藤や、それを押し殺すために怜の好意を知っていながら身体だけの関係を続けていた苦しさを長めの尺でじっくり読ませてくれたら、もうちょっと共感できるものになったかもしれないですね。

 どちらの話もサラッと読み飛ばすには重めのストーリーなだけに、少々物足りなさが残るお話でした。そこが惜しい。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1053-053e00dc
Listed below are links to weblogs that reference
3秒後には、欲しがりのキス from Colorize

Home > 桑原祐子 > 3秒後には、欲しがりのキス

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2019 11 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Return to page top