Home > A * other > あいもかわらず

あいもかわらず

  • Posted by:
  • 2014-09-03 Wed 20:40:43
  • A * other
あいもかわらず (マーブルコミックス)
鮎川 ハル
ソフトライン 東京漫画社

高校1年の健と大学1年の誠一郎は幼馴染。成長につれ疎遠になっていたが、ふとしたきっかけでまた会うようになる。幼少の頃のように一緒にいられることが純粋に嬉しい健だが、誠一郎は女子大生に"ヤリチン"と噂されるほど遊んでいる模様…。そんな幼馴染の変化に戸惑う矢先、酔った誠一郎にキス&告白をされ───―!?


 むかつく むかつく むかつく
 俺の気持ちが嘘だって どうしてお前が決めるんだ


 大学生×高校生。
 3歳差の幼馴染モノ。鮎川さんデビューコミックス。

 しばらく疎遠になっていた幼馴染とまた会うようになり、すっかり遊び人になっていた彼に酔って告白されたのをキッカケに少しずつ相手のことを意識していく受のお話

 絵も好みっぽかったし評判が良かったのでお試し購入してみたのですが、幼馴染モノとしては王道のシンプルストーリーながらウズウズするような距離感が楽しくて良かったです。
 中でも誠一郎(攻)がまぁーヘタレらしいヘタレでね!ww
 最近こういう絵に描いたようなヘタレ攻を読んでいなかったせいか、そうそうこういうヘタレさがイイんだよ!と、改めてヘタレ攻の良さを再認識させていただきましたw
 やり場のない健への欲望を発散させるために、ヤリチンと言われるくらい女をとっかえひっかえしてるのもある意味健気と言えば健気だったし、結局のところ幼い頃からずーっと健には弱いっていうのがなにより微笑ましい
  彼のおかげでなかなか縮まらない距離はじれったかったですが、全体的なヘタレさがなんとも憎めないキャラで楽しかったですw
 ヘタレ攻って行動のヘタレさにどかしさも感じるけど、そこにある一途さとか健気さが可愛げがあっていいですよね!
 関係が出来上がってからはさすがヤリチンらしく手慣れてて、こりゃ確かに遊び慣れてるわ…って妙に感心しちゃう一面が垣間見えたのも面白かったですw

 自覚のなかった健(受)が久々に会って誠一郎の現在を知り、友人たちや同い年の女子とのやり取りの中で少しずつ彼のことを意識して好きになっていく過程もすごく自然で良かったうえに、それらが淡々と過ごしていく日常の中で積み重なって恋に発展していくのが微笑ましい幼馴染モノで大満足。
 健ってホント普通の高校生なんだけど、友人の恋愛事情に素直に羨ましがったり思いがけず距離が縮まっていく桜井さんにちょっと戸惑ったりっていう、そのありふれた等身大感がむしろいいんですよね~。特別じゃなく何気ない普通さが地味だけどリアル。
 幼少時の、誠一郎のことが大好きなチビ健の懐きっぷりもめちゃくちゃ可愛くて大変萌えでした❤ お豆腐屋さんでのエピソードもお気に入りだけど、初回特典Pの独占欲が可愛くてお気に入りですw
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1150-37f38e33
Listed below are links to weblogs that reference
あいもかわらず from Colorize

Home > A * other > あいもかわらず

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2020 01 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Return to page top