Home > スポンサー広告 > リンクス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1234-936572b8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > リンクス

Home > キヅナツキ > リンクス

リンクス

人と人。過去と現在。傷つけ合って繋がってゆく。この心臓が止まる朝まで。4組の"なりそこないの"恋人達が、"リンク"するドラマチック・オムニバス!


 あの時繋ぎとめた言葉に、どれほど俺が救われたか─────

 4組収録のオムニバス。
 ラジオDJ、ヤクザ、元セフレ。

 オムニバス形式ながら、本当に一本の映画のように上手く4組の話が絡まり隣接しててとても満足感のある作品でした。
 なんていうか…オムニバスなだけあって一つずつの話が短く、説明が最小限しかないので少々わかりにくいところもあるんだけど、ヤクザだったり掘り下げたら重くて胸が痛くなるだろう話をその短さが逆にサラリと読ませてくれて良いんですよね。
 かといって内容は薄すぎることもなく重要なところはしっかり繊細で複雑な心情を描いてくれていて読み応えはバッチリ。オムニバスとしても構成がとても素晴らしい1冊だったと思います。読み終わった後のこのじんわり胸に沁みいるような感覚は是非とも読んで味わっていただきたい。

 ストーリー的には、コミュ障だったり恋人(or兄)の死だったり、それぞれが何かしら抱えながらも恋と向き合おうとしているところにキュンとしっぱなし
 とくに佐渡兄の存在を引きずってる2組の話は4人ともが不器用なりに相手のことを想っているのが伝わってきて、切ないやら甘酸っぱいやらで胸が締め付けられました。
 踏み込みたいけど踏み込む勇気があと少し足りなくて、だからこそなんとか不安定な今のバランスを保とうとしている佐渡と中条の遠回りの恋も、恋人の死に囚われたまま自らの幸せすら手放していた秋葉が恐る恐る弥彦を求める姿も、人の生死が絡んでいるぶん複雑で簡単には割り切れない苦しさが丁寧に描写されてて読んでて痛い。
 けど、そこを乗り越えて今度こそちゃんと恋人になろうと足掻く様子はすごく前向きで、決して佐渡兄の死を過去にしてしまうのではなくそれぞれの形で昇華されていこうとしているのが彼への情が感じられて良かったです。エンドロールでもそれを裏付けるように、想像とはいえ輝きに満ちた彼の姿が描かれてて胸に残るラストでした。
 
 佐渡×中条・弥彦×秋葉たちの重めの話と、関屋×新発田・亀田×荻川の和み系の話が交互に描かれていて読みやすく、おかげで全体的な雰囲気が重たくなりすぎてないのも個人的にとても好みだったし、なかでも新発田の天真爛漫でピュアなところがめちゃくちゃイイ仕事しててお気に入り
 あの人をオッサンというには可愛すぎて違和感ありまくりだったけど、8人の登場人物の中ではほんっとに彼の裏のない明るさが救いでしたね(笑) マジで可愛すぎるオッサンだったw しかも可愛いだけじゃなくて中条や秋葉たちを我がことのように親身になって思ってるところが人が好いっつーか…やっぱ可愛いよね(結局この単語に行きつく)

 ほか、そういう新発田にメロメロデレッデレな関屋や、マイペースで意外とお人好しな亀田、そして可愛いオーラ出してるわりに実はSだった荻川など、個性ある8人の不器用な恋模様。今の時期にピッタリなクリスマスネタも織り込まれてて大満足な1冊でした。描き下ろしの4コマも面白くて良かったです。受チームと攻チームの話とか思わずフイタw


[ 収録作品 ]
・雪解けに、ナイフのような声で … プロローグ
・桜蕊降る、残響の海 … 関屋×新発田。コミュ障DJ×フレンドリーおっさん。
 超絶フレンドリーおっさん・新発田に言い寄られ続けるコミュ障ラジオDJ・関屋は、自分の中のモヤモヤを、その美声をもってうまく言葉にできない。
・五月、未明の序章 … 弥彦×秋葉。ヤクザ組員×カフェオーナー。元セフレ。
 ある事情から、何事にもメゲずに愛してくれるセックスの相手・弥彦を「恋人」とは呼べないまま、カフェオーナー・秋葉は思い出のピアノを弾く。
・連星αより、栗の花落つ … 亀田×荻川。彫金師×リーマン。
 捨て猫が縁で親しくなった亀田と荻川。飲んで食って猫を愛でて……居心地のいい日常を「恋愛」にしないまま、ゆったりと日々を過ごす。
・再生の冬、夜明けのバラッド … 佐渡×中条。組長の息子×幹部。
 口ゲンカばかりだけど恋人として過不足なく見える佐渡と中条──しかし中条は佐渡を「手に入らないもの」だと諦め、嫌おうとしながらそばにいる。
・エンドロール
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1234-936572b8
Listed below are links to weblogs that reference
リンクス from Colorize

Home > キヅナツキ > リンクス

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。