Home > A * other > 気が合うということは

気が合うということは

  • Posted by:
  • 2015-02-13 Fri 20:45:21
  • A * other

「親友」の飯塚に学生時代から6年も口説かれている白石。通勤電車、すきな音楽、昼食の惣菜パン…なにかとカブってしまうそんな二人の微妙な関係は、この先も変わらないはずだった。でも、白石がバツイチになった今、抱かれてしまうのは時間の問題で…!?
『1+1+1』
過去を背負う男と蘇った恋人の逢瀬には、ある「男」の存在が条件だという────チクリと刺す痛みと甘さ。長編同時収録。


 ノンケリーマンと「親友」は恋する…か

 ゲイ×ノンケ。
 リーマン、親友モノ。表題作+1作収録。

 学生時代から一途に口説き続けてくる攻に戸惑いながらも落ちることはないと思っていた受が、離婚をキッカケについ絆されて彼の想いを受け入れてしまう。が、一度だけという約束を律儀に守り自分から離れようとする攻を今度は追いかける羽目になり…というお話。

 麻生さんお久しぶりのコミックス! 発売されるのを知ってから首を長くして待ってました。
 ちなみに収録作品は2009年の、それもなぜか他社作品ばかりでしたが、適度にエロもありつつキュンとするお話2作で大満足。麻生さんの描かれる濡れ場大好きなんですよねー程よいエロさで(笑)
 しかしご本人様もコメントしてらっしゃいましたけど、描き下ろし(という名のあとがき2P漫画)を見ると、確かにちょっと絵が変わりましたね。まあどちらも綺麗で好みなので無問題ですけれども。でも自分の絵を真似ながらっていうのが如実に感じられて読んでる方もちょっぴり不思議な違和感でしたw

 ストーリーの感想としては、表題は軽く見せながらも長年一途に想ってきた飯塚(攻)がめちゃくちゃ健気でキュンキュンしっぱなし!
 カテゴリー的には間違いなくヘタレワンコなんだけど、弱気になって引いたかと思えば「行ける!」と思ったとたんグイグイ押してくるところが本当に白石のことが大好きなのが伝わってきてニヤニヤするほど可愛かったし、意外と泣き虫だったり時折見せる弱気な表情や素振りがいじらしかったのも良かったです。こんなに可愛く好意を向けられたら、そら白石じゃなくても絆されるわww

 2本目のリーマン+バイト+幽霊の三角関係話は、互いに三人でいるのは苦しいだけだとわかっていても三人で居ずにはいられないところが切なく、表題とはまた違ったキュンが味わえて面白かったです。
 これはもう智文(受)のお人好しで前向きな性格があればこそのハピエンだったとは思うけど、それぞれの気持ちが理解できるぶん余計に奇妙なバランスの上に成り立ってる不安定さが読んでて遣る瀬無い話でした。

 次は新作も期待しています!

[ 収録作品 ]
・気が合うということは
・1+1+1
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1270-cf0bee3c
Listed below are links to weblogs that reference
気が合うということは from Colorize

Home > A * other > 気が合うということは

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2020 01 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Return to page top