Home > 木下けい子 > キスも知らないくせに

キスも知らないくせに

キスも知らないくせに (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
木下 けい子
大洋図書 (2015-06-01)
売り上げランキング: 225

高校一年生の藤沢蒼太は、ある朝、登校中の電車で痴漢に遭った。というのは蒼太の勘違いで、ラケットがあたっているのを痴漢だと思い込んでいたのだ。それを教えてくれたのは、一ケ月遅れで転入してきたひとつ年上のクラスメイト、綾瀬千洋だ。最初はぎこちなかったふたりだけれど、少しずつ距離が縮まっていき!? どきどき、不安、やきもち、誰かを好きになる「恋」がつまった物語、誕生!


 誰かを好きになったら、世界が変わる

 ひとつ年上の転校生×高校生。
 キラキラ青春もの。

 転校してきた攻に電車の中で誤解を指摘されて気まずい思いをしながらクラスメイトになった受だが、担任に彼のことを頼まれ何かと一緒に行動するうちにお互い意識するようなっていき…というお話。

 うわー久々に木下さんでクリーンヒット!!
 めちゃくちゃ可愛らしい高校生モノですごい良かったです!
 季節が春から初夏にかけてっていうのもあるけど、ご本人様もコメントしてらしたとおり本当にキラキラしててまさに青春って感じ。
 こういう高校生同士の面映ゆいほど初々しいお話って大好きなので最後まで楽しめました♪

 ストーリー的にはこれといって山場はないし高校生モノとしては王道だと思うけど、とにかくお話の雰囲気とごくごく普通の、等身大な登場人物たちのキャラクターが良い。
 蒼太(受)は素直で最初から感情がわかりやすかったのもあってウブいのは納得だったけど、意外と綾瀬(攻)のほうもウブかったのがニヤニヤ
 序盤の印象からしてもっと斜に構えたというか、経験者っぽく振る舞ってたので手慣れた感じかなーと思いきや、おや?っていうくらい可愛げのある素振りが増えてきて可愛いったら!
 蒼太とは反対に考えていることがわかりにくいのに、全身で蒼太に気持ちが向っているのが伝わってくるのが微笑ましくて良かったです。片方は友情なのに嫉妬や独占欲が感じられて、蒼太を挟んでの類とのやりとりも萌えでした❤

 二人とも恋愛感情を自覚する一歩手前で相手のことを意識しまくってたりヤキモチをやいたり、恋になるまでのじれったさが味わえたのが個人的には大満足!
 欲を言えば、やっと恋が始まったばかりのキス止まりで終わっているので、まだ続きが読みたくてちょっと物足りない?とは正直思ったけど、描き下ろしの最後にあった「あのねー」から続くモノローグが可愛すぎて、キスだけであれだけ甘酸っぱいんだからまあいいか!ってなりました(笑)
 ホント君らどんだけ可愛いの…読んでる方が照れすぎてキュン死するかと思ったじゃないの…。

 そんな青い春な二人でしたが、どうやらまだ続いているようで?
 続編を期待して良いみたいでとても嬉しいです!
 次巻、付き合い始めてもきっとまだまだ初々しいのだろう二人を全力で楽しみにしてます。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1352-f803d862
Listed below are links to weblogs that reference
キスも知らないくせに from Colorize

Home > 木下けい子 > キスも知らないくせに

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2019 12 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Return to page top