Home > スポンサー広告 > 読書メーター 8月分まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1417-30ef273c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > 読書メーター 8月分まとめ

Home > bookmeter > 読書メーター 8月分まとめ

読書メーター 8月分まとめ

  • Posted by:
  • 2015-09-01 Tue 18:06:42
  • bookmeter
bm201508.png


 けっこう読んだ気がしていたけど、気がしただけだったらしい8月のまとめです。
 おっかしいなあ…感覚的には余裕で30冊超えてたのになあ…とくに艦これ卒業してからはわりと読めてたと思ってたのにいつもと変わらないだなんて…。

 読了数は28冊。
 うち、小説が9冊、コミックスが19冊。
 とりあえず先日購入したぶんは除くと今月中に購入した新刊は読了できてホッ。
 少女漫画ブームはあっという間に過ぎ去り、またBL一色の日々が戻ってきたのでこの調子でそれ以前の積んでる小説にも着手していきたい所存。…ま、そう上手くいったら苦労しないんですけどね(苦笑)

 小説での個人的ヒットは、野原さんの【 百年の初恋 犬と花冠 】
 最初は上手く掛け合わなかった二人の心が寄り添っていく過程が切なさを孕みつつ展開されてて、終盤では久々にBLで涙が零れました。言葉が不器用だけど一途で受のことしか見ていないゾッコン攻もキュンとできてめちゃくちゃ良かったです!
 凪良さんの【 二アリーイコール 】も地味だけどじんわり胸に沁み入るお話で素敵でしたよ。

 コミックスでは、スカーレット・ベリ子さんの【 四代目・大和辰之 】
 電子書籍から話題の作家さんだけあって、絵の上手さも内容の面白さも申し分なかったです。もちろんスピン元の【 みのりの手 】もよかったけど、個人的には断然こちらのほうがお気に入り。わりと攻贔屓な私としては久しぶりに好みな受に出会ったなというくらい、男前で度量の広い受が大変ツボでした。ほうっておけない気持ちにさせるヘタレワンコ系の攻も可愛くてとても良かったです♪
 ほか、明日美子さんの【 薫りの継承 】も淫靡な禁忌感をたっぷり味わえて素晴らしかったし、同人ノータッチの私的にはねこ田さんの【 酷くしないでplus+ 】もありがたい1冊でした。

 初読み作家さんは、海行さん・蔓沢さん・小松さん・スカーレット・ベリ子さん。
 スカベリさんは次作も期待! 気になっていた蔓沢さんも初めて読んだけど、思いがけずガッツリエロが意外だったものの面白かったので次は新刊もチェックしてみたいと思います。

 さて、8月は積本を増やさず気持ちよく終了できたので、9月も購入量に気を付けつつ新刊を楽しみに生きていきます。ゲームは…何か新しいスマホゲーでも始めようかなと思ったけど、まだしばらくはいっかな(笑)
 それより今年も終わりが見えてきたことだし、余計なことに時間を取られないうちにせいぜい積本減らしを頑張ります!





2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:28冊
読んだページ数:5855ページ

伝えていいの (2) (バーズコミックス ルチルコレクション)伝えていいの (2) (バーズコミックス ルチルコレクション)感想
ストーリーは王道中の王道という感じでこれといって山場はなかったんだけど、カップルの何気ない日常の中に訪れる不安や葛藤、嫉妬なんかが違和感なく描かれてて楽しめた。ノンケ同士の二人だからこそ、それぞれが感じる最後の一線をいかに越えるかの微妙な心情のヘンかもさすがひょうたさんといったところ。地味だけどヘンに派手な山場がないのが逆に良かった。ラストの腕枕シーンにほっこり。短編大学生モノはハピエンって感じじゃなかったのがちょっと後味悪かったけどとりあえず不憫受のためにも是非とも攻にはザマァ展開を希望いたす(何様
読了日:8月31日 著者:富士山ひょうた
伝えていいの (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)伝えていいの (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)感想
1・2巻一気読みしたので表題作の感想は2巻目で。戸惑いながらもゆっくりと距離を縮めていく過程を描かれるのが相変わらず素晴らしいですね!押しが強そうにみえて踏み込むもう一歩を躊躇う年下攻の臆病さが可愛い。初期作品2篇は確かに絵がちょっと古めだけど、二人の間の微妙な空気感や揺れる関係が絶妙に表現されてて良かったです。まさかの親公認になっちゃった幼馴染二人の青春ラブが微笑ましくてお気に入り^^。
読了日:8月31日 著者:富士山ひょうた
キスミーシュガーベイビー (花音コミックス)キスミーシュガーベイビー (花音コミックス)感想
表題作+リンク作1編収録。表題→子持ちモノ大好きなので途中からいなくなっちゃったのは寂しかったけど、元ヤンで元ライバルの二人が恋人として徐々に距離を縮めていく過程が萌えでニヤニヤ。相手がノンケ(+重めの過去持ち)ゆえの葛藤もちゃんと織り込まれてたし、意地を張りつつも攻のことを思う受の健気さは可愛げがあって良かったです。リンク作→ここで終わり!?ってところで終わってたのがちょっと残念ながら、学園の王子二人が密かに恋を育んでいる密会愛が甘酸っぱくてキュンキュンしっぱなし。これぞ青春っていう青さが面映ゆい。
読了日:8月31日 著者:紺色ルナ
薔薇の乙女は聖杯を抱く (講談社X文庫ホワイトハート)薔薇の乙女は聖杯を抱く (講談社X文庫ホワイトハート)感想
シリーズ3作目。思ってたのとは違う方向に向かってきたかな?って気はしたけど面白くて一気読み。莉杏の成長がゆっくりなのがじれったいんだけど少しずつは強くなってるし、過去の予言の内容が明らかになったりアンリやピエロの存在について新たな謎が浮上したりと、今後の展開が気になるところ。今回は莉杏を巡る男たちの中では本命に近いのかと思っていたフレッドと昴の存在が微妙に薄かったのがちょっと残念だったけど、思いのほか熱烈アプローチをするヒューゴが萌えで逆ハー好きとしては楽しい3作目でした。次は二人にも頑張ってもらいたいな
読了日:8月29日 著者:花夜光
天狗と神隠し (二見書房 シャレード文庫)天狗と神隠し (二見書房 シャレード文庫)感想
シリーズ4作目にしてスピン。今度は人間×天狗だったけど、攻の一途で揺るがない深い想いがすごく良かった。同じくらい想っていながらも、種族の違いと育ての親の言葉に縛られてそれを受け入れられない受の葛藤も苦悩が滲んでて良かったし、最後の駆け足感と中途半端な結末は少々引っかかったけど、全体的に程よく切なさがありつつ想い合う二人の純愛がじんわり胸に沁み渡るお話でした。二人を手助けする六花の成長っぷりが楽しめたのも嬉しかったです!この二人も転生完了からややこまでの続編、期待してます。
読了日:8月28日 著者:高尾理一
四代目・大和辰之 (ディアプラス・コミックス)四代目・大和辰之 (ディアプラス・コミックス)感想
みのりの手スピンオフ。読み応えとしては今作のほうが1本の話になっていたぶんたっぷりあって面白かったです!なによりただのヤル気ない放蕩息子なのかと思いきや、懐も情も深くて男前な性格をしてる辰之がすごい良かった!しかも思い切りの良いエロさが素晴らしい受で大変萌え。最後のエチで待機してるコマ二人ともエロ可愛くて好きだな~★辰之に一途でゾッコンな望の様子もイチイチめちゃくちゃ可愛かったし、痛々しいエピソードがありつつもどこか前を向いていけるようなストーリーになってて読後感も良かったです。文句なしにお気に入り!
読了日:8月26日 著者:スカーレット・ベリ子
みのりの手 (ディアプラス・コミックス)みのりの手 (ディアプラス・コミックス)感想
お試し版を読んで面白そうだったのでスピンと2冊購入。最初は電子らしい軽めのちょいエロ系かなと思ってたら再会編は読み応えもあって大満足。最後には想い続けていた人と無事モトサヤでほっこりしたし、攻の中にあった過去の罪悪感を取り除いていく受の男前さも好みドストライクだったけど、なにより想いの枷になっていたものがなくなったあとの攻が可愛くてね!しかも雰囲気もやってることもエロくて文句なしw描き下ろしのイチャコラ駆け引きを楽しんでいる二人も甘々で気持ちの良い読後感でした。短編も見た目とのギャップ受が可愛かった。
読了日:8月26日 著者:スカーレット・ベリ子
奥さまは外法使い! (幻冬舎ルチル文庫)奥さまは外法使い! (幻冬舎ルチル文庫)感想
外法使いという特殊設定+歳の差モノながら、意地の張り方も相手の落とし方も罪悪感や虚しさの感じ方も、見事に似た者同士のカップルだったwそのせいかオチもアッサリしててストーリー的にはシンプルだったけど、素直になりきれないくせに攻のことが大好きな受のツンデレは微笑ましくて可愛かったし、下半身ユルユルだった攻が受にはなりふり構わず必死な感じが萌え。周囲の人たち・使い魔たちがコミカルさを醸し出してたり健気でキュンとさせてくれたりしたのも良かったです。ページ数も少な目でサラリと楽しめるお話。
読了日:8月26日 著者:小中大豆
妖精王と二人の花嫁 (幻冬舎ルチル文庫)妖精王と二人の花嫁 (幻冬舎ルチル文庫)感想
最初のうちはディーバとして大切にされる双子の片割れとは反対に、受が攻からも周囲からも敵側のものとして理不尽に疎まれる様子が読んでてモヤッとさせられたけど、弟は自分の立場に甘んじず受のことを気遣い大切にしていたし受も精神的に潰れるような弱い子じゃなかったのが救い。心情がわかりにくい種族なので攻の態度の変化がすんなり受け入れにくかったのと、受が真の救世主だと知って一斉に手の平返した周囲の態度だけはちょっと引っかかったかな。あとは一気読みする程度には面白かったです。ジークを気に掛けてたし天音編出るといいな~
読了日:8月25日 著者:秋山みち花
それから、君を考える (Canna Comics)それから、君を考える (Canna Comics)感想
デビューコミックス。表題作+3篇収録の短編集。表題作はハピエンとは言えなかったけど、十代らしい青さとほろ苦さとを残す読後感が切なくて良かった。個人的にはヤンキー×オタの高校生モノが二人とも微笑ましい可愛さでお気に入り。ヤンキー攻、ギャップ萌えだなあw最後の幼馴染モノも苦悩する様子やそこから抜け出そうと足掻く様子が青春っぽくて良かったです。どの話も読後に物足りなさは残ったけど雰囲気は好き。
読了日:8月23日 著者:小松
くさかんむりに化けると書いて (バンブーコミックス Qpaコレクション)くさかんむりに化けると書いて (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
初読み作家さん。想像以上にエロかったのが予想外だったけど、どちらの話もほっこりできてサラッと楽しめた。脇キャラではめずらしくないオネエが受だったのも新鮮だったし、2本目のヤンデレ(ストーカー系?)一途受にいつの間にかハマってた攻も面白かったです。てか匂いに興奮するあたり本能的に落ちてたんだから抗いようがない気もするけどw表題作の雰囲気が好き。
読了日:8月22日 著者:蔓沢つた子
鳥の国の花嫁 (ショコラ文庫)鳥の国の花嫁 (ショコラ文庫)感想
違和感なくスルッと物語の中に入り込める異世界トリップものだったけど、ファンタジー展開がアッサリなうえに恋愛面もアッサリ書かれていたせいか全体的に薄味で物足りなさを感じてしまった。とはいえ登場する動物たちは人間より上なだけあって偉そうな感じが面白かったし、主役二人はどちらも真っ直ぐで好感が持てる性格をしていて微笑ましい。二人が仮初の番いから心身共にちゃんとした番いになっていく過程は、互いを真摯に想い合う気持ちが伝わってくるいじらしさでとても良かったです。最後も幸福が溢れる結末で気持ちよく読了。
読了日:8月20日 著者:月東湊
だってまおうさまは彼が嫌い2 (ドラコミックス)だってまおうさまは彼が嫌い2 (ドラコミックス)感想
新キャラが登場しつつも二人のラブバトルは相変わらず。ほとんど押され負けして神子のことを意識しまくってる眞王は可愛かったし、神子のほうもますます眞王にハマっているのが伝わってきて萌え。実家に帰りたくないばかりにうっかり見栄を張っちゃったせいで、征服行為に自らやる気を出さなきゃいけなくなった眞王の浅はかさがホント楽しいw1回だけトランスして魔王チックにエチに積極的な様子も良かったですw新キャラもそれぞれ個性的で面白かった!
読了日:8月18日 著者:山田2丁目
だってまおうさまは彼が嫌い (ドラコミックス)だってまおうさまは彼が嫌い (ドラコミックス)感想
勇者と魔王の末裔という設定が面白かったし、お話自体もサラッと楽しめるラブコメで面白かった。なにより魔王の末裔である眞王が魔王らしくないうえに勇者である神子に丸め込まれて流されてるのが可愛くてニヤニヤ。やっぱり最終的には勇者が勝つんだなあwwエロも程よくあって満足度があったし、お互いに上顎が弱点っていうのもエロくてよかったですw
読了日:8月18日 著者:山田2丁目
ふたりの息子に狙われています (ディアプラス・コミックス)ふたりの息子に狙われています (ディアプラス・コミックス)感想
タイトル通り義理の息子である双子とのエロ三昧3Pでしたwけど、ただのエロ三昧なだけでなく、ちゃんとそれぞれが葛藤や苦悩を抱えている様子が描かれていたので読み物としても程よく満足感があったし、諦めたフリをしながらも全然へこたれてないどころか受のほうから受け入れさせようと画策させてるあたりが黒いwwヤンデレまではいかないもののかなりの執着モノでなかなか面白かったです
読了日:8月18日 著者:佳門サエコ
ニアリーイコール (ディアプラス文庫)ニアリーイコール (ディアプラス文庫)感想
派手な展開もなく地味といえば確かに地味なお話だったけど、心に傷を抱えていた二人だからこそ恋人になれたんだろうなと思える、温かくてキュンと胸に沁み渡るような話でグッと引き込まれた。攻の抱えた痛みは根深いものだったし、なにより受が抱えた頑なな孤独と傷が切なくて痛々しい。それが攻との恋で少しずつ綻んでいく様子が丁寧に書かれていて自然と寄り添え、諦めるように過去の呪縛から解き放されていくシーンはとても印象的。エピローグでまるで何でもないことのようにスルリと過去の恋を口にしている受の様子が感慨深いラストでした。
読了日:8月17日 著者:凪良ゆう
薫りの継承 (下) (ビーボーイコミックスデラックス)薫りの継承 (下) (ビーボーイコミックスデラックス)感想
帯に衝撃の終幕とあったし良い終わり方はしないだろうなとは思っていたけど、ああいう結末を迎えてしまった兄も残された竹蔵も切ない…。求めたものではあったはずなのにいざ手に入れてしまうとあまりの禁忌さに少しずつ狂い始め、最後には二人ともが自ら壊してしまわずにはいられなかったのが痛々しすぎて。それも義理という関係に逃げ道を残していたぶん、余計に真実を突き付けられたときの衝撃、それでも愛することをやめられない想いの深さには胸を打つものがあった。最期の最後に告げられた竹蔵への想いに落涙。久々に上質の兄弟モノを読んだ。
読了日:8月14日 著者:中村明日美子
薫りの継承 (上) (ビーボーイコミックスデラックス)薫りの継承 (上) (ビーボーイコミックスデラックス)感想
濃厚という言葉がぴったりの義兄弟モノだった。ポイントとなる香水の香り以上に、憎悪・嫌悪・恋慕・興味というそれぞれが抱えた感情がひたひたに詰め込まれていて、上巻だけでも禁断感をたっぷり味わえた。竹蔵が向ける純粋な思慕とは対照的に、複雑で歪んでいる兄の愛情は思わず息をのむくらい淫靡で背徳的。この二人がどういう結末を迎えるのか、下巻の帯が意味するところがとても気になる。あとこの父にしてこの子ありという言わざるを得ない息子の歪みっぷりにもどう影響していくのか気になるところ。
読了日:8月14日 著者:中村明日美子
酷くしないでplus+ (ビーボーイコミックス)酷くしないでplus+ (ビーボーイコミックス)感想
同人誌の選り抜き集。同人誌はノータッチだった私的には嬉しかった1冊。エロ多めだしラブイチャな二人が読めて大満足でした。中身入れ替わりネタも面白かったけど、2巻後のヤキモチやいたり浮気疑って独占欲発揮してるネムネムはニヤけるくらい可愛かったし、なにより本編以上にネムネムにゾッコンな真矢の一面が垣間見えたのがめちゃくちゃ萌え!最後にはいい子にしてて発言に素直にハイって答えちゃうあたりが最高でしたwやっぱ俺様だけど受に振り回されるベタ惚れ攻はイイ!
読了日:8月12日 著者:ねこ田米蔵
晴れたら君を迎えにいく (ビーボーイコミックス)晴れたら君を迎えにいく (ビーボーイコミックス)感想
表題作+PG収録作集。表題が不意打ちのキス止まりという爽やか微笑ましいお話だっただけに、その後のギャップがすごかったw弟×兄話はPG収録作だけあってエロさ爆発、本当にやってるだけでお腹いっぱい。弟の執着愛は萌えたけど、時折見せる弟感があざといのに可愛く思えて悔しかったなあw行き過ぎた愛ではあるものの兄ちゃんも充分弟にベタ惚れなので二人が幸せならそれでいっか。3Pも萌えた。あとワンコ擬人化は何度読んでもやっぱり可愛かったです。
読了日:8月12日 著者:高久尚子
百年の初恋  犬と花冠 (幻冬舎ルチル文庫)百年の初恋 犬と花冠 (幻冬舎ルチル文庫)感想
攻ワンコが受のことを好き過ぎるのが大変ツボだった。人間に迫害されたり攻に主と思われてないことに傷つく受の様子は切なかったけど、攻がそんな関係以上に彼のことを想っているのがワンコらしい行動の端々から伝わってきて、上手く疎通が出来ていないジレジレ感さえ胸が締め付けられた。やっと受が攻への感情を見つめ直してからの流れも切なくて終盤のシーンでは落涙。二人きりだけど唯一無二の相手だから幸福で居られる関係がキュンとする良いお話でした。花冠もイイ仕事してたし、攻の「もう一度…もう一度…」って言い方も可愛くて萌えた!
読了日:8月12日 著者:野原滋
不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)不器用な恋情 (幻冬舎ルチル文庫)感想
続編3作目。途中何度か挫折しかけたくらい今回は乗り切れなかった。長谷が一基に対してだけ非常にめんどくさい男なのは理解してるけど、自分の方が隠し事してたあげくあそこまで露骨に仕事にプライベート持ち込むのはどうかなあ。もう3冊目なんだしもう少し成長してもいいんじゃないか苦笑。一基のほうは割り切り良くてまさに竹を割ったような性格なので恋人に対する言葉の足らなさは否めないものの、色恋事に鈍すぎるのは彼らしくて妙に納得w今回は長谷だけじゃなく周囲までやきもきさせてたけど、本人はまるで気づいてないのが面白かったですw
読了日:8月10日 著者:椎崎夕
オトナちゃん。 (あすかコミックスCL-DX)オトナちゃん。 (あすかコミックスCL-DX)感想
初読み作家さん。表題作の高校生幼馴染モノは天然受、俺様ツンデレ攻、どちらも可愛くて微笑ましいお話だったんだけど、自覚してすぐ両想いで終了だったせいか物足りなさ感がすごい…。描き下ろしで甘々可愛いやりとりが読めたのが救いかな。くっつかせろって迫る受が可愛い。2作目の上司×新人のリーマンものも設定やストーリー展開は面白かったし、傲慢系の攻が受を好きになることで変化していく様子が可愛いお話だった。どちらも両想いになるところまでなのでサラッと読了。
読了日:8月6日 著者:海行リリ
隠し事ができません (二見書房 シャレード文庫)隠し事ができません (二見書房 シャレード文庫)感想
トラウマから意識的に恋に落ちるのを拒もうとしている受と、恋に落ちているくせに無自覚なせいでただただ受を振り回す攻とのじれったいお話だった。傍目には完全に好き合っている二人なのに、肝心な部分を自覚しようとしないことが勘違いや誤解を生んで事態をややこしくしていくのがとにかくもどかしいったら…!とくに前半の攻の一方的な言動にはやきもきさせられっぱなしだった。でもようやく自覚してからは少女漫画に拘ったやり方で愛情表現しようとしてるベタ甘さが面白くて萌え。最後の癖を巡っての心理戦も微笑ましくて面白可愛かったですw
読了日:8月6日 著者:海野幸
SUPER LOVERS (8) (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS (8) (あすかコミックスCL-DX)感想
前巻の感想にも書いたけど、今作でも話が進展せずなんだかなーという感じ。それどころか周囲や日常のゴタゴタ系がメインだったし、やっぱりこれはもうこの状態でダラダラ続いていくのかなあ。ぶっちゃけホストクラブ方面の話はどうでもいいので次回は少しでも晴と零の関係が進展してくれるといいな。あと零を敵視してた榎本の理由がまさかの飼い犬落ちだったのも拍子抜けだった。
読了日:8月4日 著者:あべ美幸
SUPER LOVERS (7) (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS (7) (あすかコミックスCL-DX)感想
零を敵視してた新キャラを綺麗サッパリ忘れていたので新刊を読む前に復習。そういやあからさまなのがいたね、思い出した思い出した。
読了日:8月4日 著者:あべ美幸
夏が来たのでキスしませんか (バーズコミックス ルチルコレクション)夏が来たのでキスしませんか (バーズコミックス ルチルコレクション)感想
1作目は前編を本誌で読んでたのでその後が読めて嬉しかった。ひょんなことから出会った二人だけど年上攻のお父さんが彼氏としてはちょっとヘタレな可愛い人でキュンとした~。真由ちゃんもイイ子で家族モノとしてもほっこり。2作目は攻がホストらしいチャラさなのかと思いきや意外に一途で受に対して真摯なところが好印象。受の真っ直ぐな真面目さも可愛くてお気に入り。3作目は始まり方が少々強引に感じたけど飄々としてるわりにガンガン押す年下攻とそんな攻に振り回されつつも落ちていく受が楽しかった。表題作の受の控え目な積極性もニヤニヤ
読了日:8月3日 著者:平眞ミツナガ
いくじなしの君に捧げる (あすかコミックスCL-DX)いくじなしの君に捧げる (あすかコミックスCL-DX)感想
前作がだいぶアクが濃かったので迷ったけど、今作はガラリと変わって小学生~中学生期間の可愛らしい幼馴染モノでサラッと楽しめた。小学生時代にひなたが変質者に襲われたせいで、本当は両想いなのに過敏なほどに潔癖になってしまっているのは切なかったし、それでも諦めることもできずに突き放したり近づいたりしながらゆっくりと恋をしていく様子がピュアで良かったです。最後の微笑ましくて幼いやりとりを見てるとキス止まりなのがピッタリのお話だったと思う。
読了日:8月3日 著者:三島一彦

読書メーター
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1417-30ef273c
Listed below are links to weblogs that reference
読書メーター 8月分まとめ from Colorize

Home > bookmeter > 読書メーター 8月分まとめ

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 09 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。