Home > スポンサー広告 > ごめんね、僕を愛して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1429-b8fe368c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > ごめんね、僕を愛して

Home > SA * other > ごめんね、僕を愛して

ごめんね、僕を愛して

  • Posted by:
  • 2015-09-16 Wed 19:54:02
  • SA * other

猛と宗介は、ずっと幼なじみのニコイチだった。なのに成長するにつれ猛のことがまぶしく見え、必要以上に意識してしまう宗介。 「あのさ それってやっぱシカトしてんの?」 「別に」 猛をすごくすごく好きになってしまった。だから今まで通りにそばにいることが…できないのだ。そして数年後、2人は故郷で再会する。宗介のぎこちなさを意に介さず猛は自然に触れてくるが───。


 おまえは男で おれは女じゃなくて

 表題作+5篇の短編集。
 幼馴染、高校生、歳の差、リーマン。

 以前読んだ作品が良かったので購入したのですが、今作もほんのり切なくてキュンとしたり可愛くてキュンとしたりピュアでキュンとしたりと、どのお話も帯にある「おまえは男でおれは女じゃなくて」というのが根底にあって甘酸っぱさにキュンキュンしっぱなし! 短編集ですがとても良かったです。
 欲を言えば楽しみにしていた表題作が1話読み切りだったり、それ以外ももうちょい先まで読みたいなと思うところで終わってたのだけはちょっぴり物足りなかったですけど、不器用な恋模様がそれぞれ微笑ましくて良かったので満足です♪

ごめんね、僕を愛して
 教師×SEの両片想い幼馴染モノ。
 同性同士というBLとしては王道のテーマを、幼い頃のエピソードを交えつつ短編の中でコンパクトにとても綺麗にまとめているのがとてもイイ。両親がいない攻のことを想うからこそ彼の想いを受け入れない受の一方的な想いと、そんなことは関係なくただ一途に受のことを想う攻のすれ違いもキュンとしたけど、それ以上に無口な攻が感情を発露させた激情さに胸を締め付けられた。攻が名前を呼びながら受を探し絶望する流れからのホッと救われるようなハピエンもほっこりできて良かったです。


ミツメルcolor
 意地悪×チビッ子の青春高校生モノ。
 まるで少女漫画のような可愛らしさにキュンw 女の子になりたいわけじゃないけど、攻のことを想いながら羨望から真似しちゃう受が可愛くてねー。そして女子とキャッキャしてる受を見て嫉妬を爆発させちゃう攻ね。もう鉄板の流れだけど「男だからとか関係なくておまえがおまえだから好き」っていう王道の胸キュンが味わえてお気に入り❤


春咲行進曲
 イケメン×控え目真面目の元恋人同士のモトサヤもの。
 こちらも少女漫画っぽいお話だったけど、ピュアッピュアな二人が甘酸っぱすぎてめちゃくちゃ可愛い!! 恋愛初心者だからこそ戸惑いひとりでグルグルしながら頑張る受も青春だし、受以外には(笑)わかりやすくわざとちょっかいをかける攻も青春で面映ゆいったらなかったです。ラストも甘酸っぱさ大全開で一番お気に入りのお話! 「もうちょっとさわっていい?」とか萌え以外のなにものでもないよね(ニヤニヤ)


チャイムが鳴ったら恋をしよう
 実は出来る男と女子よりカワイコちゃんの恋が始まる5秒前な高校生モノ。
 恋愛未満で終わってる超短編だったけど、ちょっとしたキッカケでお互いに意識し始めるところが青春って感じで可愛かった~。何気に壁(床)ドンでドキッ!っていうのも少女漫画だよねw


はつ恋シンパシー
 教師×生徒の内緒の恋モノ。「はつ恋のはら」の続編。
 はつ恋のはらを読んでないので楽しさも半減だったとは思うけれど、恋人らしくありたいと望んだり彼の支えになろうと精一杯頑張ってる受が微笑ましい。そりゃ我慢してる攻の忍耐も試されるよな~(ニヤニヤ)


Hell or Heaven
 タラシ×ツン健気の学生時代から続くセフレもの。
 これも王道だけど実は受の一途で健気な想いに気付いていて黙っていた攻の意地悪さと、見せかけと違う受の健気さが読んでて面白かった。唯一ちゃんとエロがあるお話。
 そういえば絵のタッチがちょっと違うから古い作品なのかなって思ったら意外や新しめでビックリ。今後はこういう絵の雰囲気になるのかな~。個人的にはお話自体が可愛いので高校生モノみたいな絵が好きなんだけど。

 以上の6作品でした。
 全体的に可愛い系のお話が多いのでサクッと甘酸っぱさを楽しめる1冊だと思います。
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1429-b8fe368c
Listed below are links to weblogs that reference
ごめんね、僕を愛して from Colorize

Home > SA * other > ごめんね、僕を愛して

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。