Home > スポンサー広告 > 読書メーター 10月分まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1458-c82c2f88
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > 読書メーター 10月分まとめ

Home > bookmeter > 読書メーター 10月分まとめ

読書メーター 10月分まとめ

  • Posted by:
  • 2015-11-01 Sun 17:56:44
  • bookmeter
bm201510.png

 今日から11月。
 結局10日ほど開店休業状態でダラけておりましたが、気分を入れ替えてまた今日から頑張っていきたい所存。
 様子を見ているとうちのブログはサボっても更新してもあまり変わらないようなので(笑)、今後は毎日更新しなきゃ!とヘンに肩肘張らずマイペースでやっていこうかなと思っています。
 そっちのほうが時間に余裕ができるぶん、読書も捗ることに気付いたしね!(笑)
 そんなブログですが、今後もよろしければお暇なときにでもお付き合いよろしくお願いします。
 そしてサボっている間も拍手してくださった方、ありがとうございました!とても励みになりました

 というわけで、再開始めは読書メーターのまとめ記事からです。

 10月の読了数は33冊。
 うち、小説が8冊、コミックスが25冊。
 久々に30冊オーバーの読了数になんとなく達成感を感じております(笑)
 といってもごらんのとおりコミックスばっかりなんですけどね…。小説はこの程度が限界かな。

 そんな小説での個人的ヒットは、鴇さんの【 白狐と狐姻。 】
 ファンタジーとしては重すぎず軽すぎず、程よい切なさとモフモフが楽しめて大満足でした! なにより大好物な受にゾッコンな攻が楽しめたのでそれだけでも読んだ甲斐があったなと。登場するちみっ子たちも可愛かったし、ルビーのボリュームを考えると期待通りの内容がきっちり楽しめて文句なしです♪
 同じファンタジーでも六青さんの【 黒曜の災厄は愛を導く 】はガッツリとファンタジーを堪能できて読み応えがあり。砂原さんの【 恋煩い 】もツンデレ受が可愛らしくてツンデレ好きにはオススメです。

 コミックスでは、まさおさんの【 夜が明けても 】がお気に入り。
 良作が多くて1作だけ選ぶのは難しいんだけど、素直に可愛くて楽しかったなーっていうのはこれ。もうほんっとどうしようもない大人二人なんだけど、そのどうしよもなさというかじれったさすら可愛い! よくよく考えるとまさおさん定番のキャラでありストーリーではあるんですけど、程よく利いたコミカルさもいつも通り面白くて大満足な作品でした!
 他にも絵歩さん作画の【 5人の王 】も面白かったし、mecoさんの【 想定外ラブセレンディピティ 】もエロ可愛くて良い。絵津鼓さんの【 ラストフライデイ 】も可愛らしくて微笑ましいお話で良かったです!

 初読み作家さんは、座裏屋さん・ナツメさん・日塔さん・冥花さん・波真田さん・おわるさん・絵歩さん・すなこさん・yohaさん。
 読んだのがデビューコミックスという新人さんが多かったのですが、皆さん良作ばかりで次作が楽しみ! とくに話題の座裏屋さんのエロさは大変眼福&萌えでした。…ま、肝心なところはまっちろけでしたけど。

 10月はいつも以上に読めたにもかかわらず、実は購入がそれを上回ってしまったせいで積本もめちゃくちゃ増えて反省頻り…。なので自戒も込めて、11月はしばらく購入は控えて積本崩しに勤しみたいと思います!
 今年もあと2ヶ月。
 積本、絶対増やさないぞー!オー!



2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:33冊
読んだページ数:6763ページ

さよなら恋人、またきて友だち (オメガバース プロジェクト コミックス)さよなら恋人、またきて友だち (オメガバース プロジェクト コミックス)感想
Ωである受を巡ってクラスメイトのα全員がおかしくなっていくという、かなり濃い内容で読み応えがあった。みんながヒートに陥って異常な執着を見せる中で少しずつ純粋で一途な恋情が形作られていく過程はキュンとしたし、結果的に運命を手繰り寄せるようなピュアな結末に落ち着いたのも良い。攻を蹴落とそうとしてたクラスメイト達も皆イイ子で、自分の恋心を認めた攻と連携して状況を脱しようとする終盤の展開はハラハラしつつもちゃんと友情が存在しててホッとする読後感だった。α×αの話がおバカ高校生っぽくて好きw
読了日:10月29日 著者:yoha
純情娼年 (オメガバース プロジェクト コミックス)純情娼年 (オメガバース プロジェクト コミックス)感想
第1弾コミックスが良かったせいか期待が過ぎたのか、いまいちピンとこないまま読了。切なさはあれど思っていたほどじゃなかったし、ウリ専も蓋を開けてみれば自ら望んだことだったのが判明して切なさも半減。復讐心から攻に近づいたのにミイラ取りがミイラになって苦しむ様子は胸が痛んだが、展開が割と早めだったのもあってサラッと読めてしまった。攻の真っ直ぐで純情なところが受を救い上げていくのはキュンとできて良かったです
読了日:10月29日 著者:すなこ
5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)5人の王 1 初回限定版小冊子付き (Dariaコミックス)感想
原作未読。気になっていた作品だったのですがめちゃくちゃ面白かったです!絵は綺麗で好み、なにより小説に引けを取らない内容の濃さで大満足。赤の王との穏やかで微笑ましいやりとりが甘酸っぱいだけに、抑え付けられるだけの冷酷な青の王とのやりとりが際立って切なかったなー…。青の王もただ冷酷なだけじゃなさそうな感じもしたし、今後の二人が気になるところ。他の王も登場してきたりセージにも術師としての能力が目覚めたりと、妹の危機も含めてセージがどうなっていくのか次巻がとても待ち遠しい!これは原作を読むしかないのか…?
読了日:10月28日 著者:絵歩
甘やかな褥 ~琥珀色の秘密~ (B-PRINCE文庫)甘やかな褥 ~琥珀色の秘密~ (B-PRINCE文庫)感想
途中までは受の境遇や受ける仕打ちの痛々しさにハラハラしっぱなしだったけど、ストーリーとしては最後まで適度に山あり谷ありな展開から目が離せなくて面白かった!どんなに酷い扱いをされても必死で誰も憎まないようにしている受は健気でイイ子だったし、そんな受に感化されて少しずつ元来持っていた良さが引き出されていく攻の変化も好感持てて◎。後半で判明する受の出自がかなりファンタジー色を強めてたものの、ロクでもない領主側を一掃してくれたおかげで最後は攻にとっても受にとっても良いカタチで収まってスッキリした読後感でした。
読了日:10月26日 著者:月東湊
不思議の国のチーフ 1 (HANAMARU COMICS PREMIUM)不思議の国のチーフ 1 (HANAMARU COMICS PREMIUM)感想
帯のとおり、チーフが可愛すぎでした!ただ可愛いだけじゃなく、二人のことを考えてPCを駆使して先々の知識を仕入れているのが面白かった~wなかでもチーフの服を買いに行く回がおかしいやら可愛いやらでお気に入り^^。メインの二人も当て馬キャラが登場するもののアッサリまとまったうえになかなか先に進めない純情な雰囲気が微笑ましくて良かったです。次巻も楽しみにしつつ気長に待ってます(笑)
読了日:10月26日 著者:大和名瀬
ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
表題作+2篇収録。純情ビッチ~が良かったので購入。エロ度的には大満足の内容でお腹いっぱい。互いにモテ系男子だったのでチャラいだけかと思ったら、意外といじらしい受は可愛かったし攻にもちょっぴりザマァ展開があってスッキリした読後感のお話だった。ただエロメインって感じだったので内容の薄さは否めないかな。どちらかというと短編2本の方が微笑ましい可愛さで良かったかも。
読了日:10月25日 著者:おわる
純情ビッチ、ハツコイ系 (バンブーコミックス Qpa collection)純情ビッチ、ハツコイ系 (バンブーコミックス Qpa collection)感想
初読み作家さん。表題作+3篇収録。タイトル通りの、純情ビッチ受の初恋模様がエロ可愛くて萌え。攻がだいぶ変態性を秘めてたけど二人の純情さがサラリと読ませてくれたミラクルwあとの短編もそれぞれ可愛くてサラッと楽しめて良かったです!
読了日:10月25日 著者:おわる
想定外ラブセレンディピティ (バンブーコミックス Qpaコレクション)想定外ラブセレンディピティ (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
表題作+2篇。前作が良かったので楽しみにしていたけど、今作も3本とも可愛い&エロくて面白かった!マンネリ化カプは色んなプレイを試している様子は面白く、そこから改めて愛に気付くのがほっこり。表題の同僚カプはノンケ同士というのもあって言い争いながらもやることやってるのに互いに無自覚なのがニヤニヤ。好意には無自覚だけど付き合っている自覚はあるのが意地っ張り同士で面白いw大学生カプはゲイ受が切なかったけど、生真面目攻が自分の感情に気付くと共にゆっくり彼の凝り固まった臆病さを救い上げていく様子が甘酸っぱくて良かった
読了日:10月22日 著者:meco
おはようとおやすみとそのあとに (3) (フルールコミックス)おはようとおやすみとそのあとに (3) (フルールコミックス)感想
3冊まとめて一気読み。またもや伊介の傍に新キャラ登場でちょっぴりハラハラしたものの、伊介自身はまったく揺らがないのが安心して読めて良かった。開人にしても独占欲を覗かせたのが一瞬だったくらい、二人の間に強い信頼感が感じられたのがなにより。今巻も色々あったけれど、自分に向けられる気持ちより仕事に対する意欲が見えた伊介はまた一歩成長し、更には怪我に見舞われた開人をしっかり支え…ますます揺るがない関係を築く二人にほっこりできる3巻だった。ラブイチャもたっぷり味わえて満足!
読了日:10月22日 著者:波真田かもめ
おはようとおやすみとそのあとに 2 (フルールコミックス)おはようとおやすみとそのあとに 2 (フルールコミックス)感想
新キャラも登場したし、けっこう色んなエピソードが詰め込まれてたけどサラッと読ませてくれて面白かった!相変わらず伊介は可愛く、頼りないようで着実に開人の傍で精神的に強く成長してるのが感じられてほっこり。開人も年上らしさがありつつも程よく嫉妬や独占欲を覗かせてくれるのが萌えたり、すごくいい距離感で伊介のことを見守っている感じがキュンとさせて良かった。二人ともが未来を見据え、それぞれが成長していこうという気持ちが見える2巻だった。店長の話が切ない~!続けて3巻へ。
読了日:10月22日 著者:波真田かもめ
おはようとおやすみとそのあとに (フルールコミックス)おはようとおやすみとそのあとに (フルールコミックス)感想
読友さんが上手いって書かれてたのが納得の上手さ。ストーリーはわりとシンプルだと思うんだけど、構成がお上手なせいかスルスルと二人の日常に引き込まれた。なにより伊介のツンからのデレが可愛すぎてツンデレ最高かよ!って何度叫びそうになったかwぶつかり合いながらも徐々に互いに認め合って距離を縮めていく様子がほっこりほんわか出来て温かい気分での読了でした。2巻も続けてGO。
読了日:10月22日 著者:波真田かもめ
ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)ダブルパパはじめました。 (幻冬舎ルチル文庫)感想
サラッと楽しめるほのぼの疑似家族もの。強面な見た目だけど保育士として一流という攻のギャップは面白かったし、育ってきた環境もあって受家族との温かみ溢れる交流が微笑ましくてほっこり。受も姉の代わりに甥っ子たちを育てている直向きさや、いつまでも張り合わず双子のために攻の助言や教えを素直に受け入れている様子が好感が持てて良かったです。なにより恋愛面より4人でのアットホームなやりとりが楽しく思えるくらい、双子のちびっ子が可愛くて和みでした♪小生意気な一面がありつつも素直ないじらしさには読んでるこっちまでメロメロw
読了日:10月20日 著者:榛名悠
ちょこざいうつわ (ショコラコミックス)ちょこざいうつわ (ショコラコミックス)感想
帯にツンツンツンデレと書かれてるとおり、予想以上に攻に対する受の態度が酷くて面白かった~wあそこまでいくといっそすがすがしい!(笑)それに腹を立てつつも、まんまとたまーに見せられるデレにやられていく攻の様子も面白かったし、ツンツンツンデレという比率だからこそわずかなデレが人を虜にしていくんだなっていうのがとても納得の二人でしたwあと土屋さん、ただの嫌な奴かと思ったら意外なほどいい人でこちらもギャップにやられそうになったw
読了日:10月19日 著者:碗島子
恋煩い (ディアプラス文庫)恋煩い (ディアプラス文庫)感想
一方的かと思いきや、前半後半で互いに覗き覗かれな壁穴が良いアクセントだったw志水さんの絵がちゃんと両方攻っぽく見えるのもあって槻島が最後まで受ける側を受け入れられないのも納得しやすかったし、なによりツンデレ具合が可愛くて!中学生にすら自らヒールを演じるくせに実は臆病で本気恋愛では意外なほど素直な一面を垣間見せるところがギャップ萌え。天然生真面目な永沼相手にひとりでグルグルしてる様子も読めば読むほど可愛く思えて良かったです。感情がフラット寄りな永沼が後半で見せた慌てっぷりもニヤニヤできて楽しかった!
読了日:10月19日 著者:砂原糖子
慈しむ獣 愛す男 (ショコラ文庫)慈しむ獣 愛す男 (ショコラ文庫)感想
ストーリーは展開が読めるシンプルなものだったけれど、狼のクラとして、また保護者として不器用なりにも受のことを思っている攻にほっこりするお話だった。受のほうも両親を亡くしてからの状況がツラいものにもかかわらず、諦念や不安を抱えながらも精一杯前向きに生きようとしている姿がキュンとさせて良い。恋を意識し始めてからの切なさや初々しい反応も可愛らしい!後半の流れは少々強引さを感じたけどクラと受のやりとりは和むうえに微笑ましかったし、全体的にサラッと楽しめる内容でした。
読了日:10月15日 著者:火崎勇
イトウさん (EDGE COMIX)イトウさん (EDGE COMIX)感想
タイトルからは想像できなかった殺し屋×娼夫という闇深い設定ながら、その中でゆっくりと花開いていく切なくも狂おしい純愛模様に胸が締め付けられた。ストーリー自体とても綺麗かつ過不足なくまとまっていてお上手だなと思えたし、痛切なさからの決して幸福なハピエンとは言えないラストではあったけれどこれからの光が感じられる結末でホッとする読後感。出会うことで互いに破滅へ向かうことにはなったものの、それでも唯一無二の恋を手にした瞬間の幸せそうな二人を見てると、これが最良の終着点だったんだろうなと思えるお話でした。
読了日:10月15日 著者:冥花すゐ
please,marry me!! (ビーボーイコミックスデラックス)please,marry me!! (ビーボーイコミックスデラックス)感想
初読み作家さん。表題作+3作の短編集。実は腹黒企み攻に気づけば手籠めにされ胃袋を掴まれ、挙句は必死なところを見せられてギャップに落とされる受が読んでて楽しかった表題から始まり、いっそ潔いほどヘタレワンコな年下攻と本当はそんな攻の世話を焼きたくてしょうがない受の犬も喰わない痴話喧嘩、美形ツンデレ受と下僕呼ばわりされる攻の微笑ましい幼馴染もの、合体のために互いが夜な夜な密かに訓練していたというエロ可愛いリーマンもの、どの話も短編だけど満足感の得られる面白さで良かったです!ヘタレ年下ワンコの話がお気に入り!
読了日:10月15日 著者:日塔てい
お参りですよ (4) (GUSH COMICS)お参りですよ (4) (GUSH COMICS)感想
今回もまたもや2組とも寸止め…(苦笑)デレるのかと思いきや相変わらずツンツンな賢慈の所業に振り回されているよっちゃんが気の毒wしかも認識の違いが波乱の予感…。三朗×優慈のほうも相変わらず天然ピュアな優慈は可愛いし、三朗は程よくキュンとさせてくれつつがっついたりよっちゃんカプにちょっぴり張り合ったりが楽しくてニヤニヤ。どちらもだんだん寸止め萌えしてきた気はするけど、どちらが先に本番まで辿り着けるか楽しみですw
読了日:10月13日 著者:山本小鉄子
お参りですよ (3) (GUSH COMICS)お参りですよ (3) (GUSH COMICS)感想
4巻を読む前に復習。優慈の天然可愛さと兄さんの鬼っぷりを再確認
読了日:10月13日 著者:山本小鉄子
彼女になる日 2 (花とゆめCOMICS)彼女になる日 2 (花とゆめCOMICS)感想
発売を心待ちにしていた2巻。期待通りのラブイチャっぷりが大変萌え。三芳…なかなか男前だなあ。八つ当たり→葛藤を経ての「間宮の彼氏です」発言にニヤニヤでしたw幸せを感じて初めて表面化した、間宮の羽化後の苦悩と葛藤を大らかに受け止める様子もとても良かったです。次は三芳側の親族がヤイヤイ言うみたいで、また間宮を守る三芳の男前っぷりに期待。
読了日:10月13日 著者:小椋アカネ
ラストフライデイ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)ラストフライデイ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)感想
楽しみにしていたセカンドコミックス。あとがきによると今回は明るいエンタメものを目指されたそうで、どうりでライトでサラッと楽しめる大学生と高校生の可愛い恋物語だったなと納得。とにかく受がピュアというか純真天然で微笑ましいったら!年下でチャラい攻がそんな受をつい構ってしまうのも頷ける可愛さでした。自分から親友発言しといて泣いちゃうあたりがキュンキュンだった可愛すぎ!それぞれが抱えていた片恋模様はほんのりビターで良かったし、だからこそ両親・姉ともに公認の明るい恋ができてほっこりするラストでした♪
読了日:10月12日 著者:絵津鼓
I HATE (マーブルコミックス)I HATE (マーブルコミックス)感想
デビューコミックス。表題作+リンク作クールでカッコイイ絵柄と雰囲気の中で繰り広げられる健気で意外と可愛い恋愛模様という、ほんのり感じるギャップが面白い1冊でした。表題作の、受を振り回しているかと思いきや実は彼を追いかけて上京するほどゾッコンな攻も、リンク作の長年一途に受を想い続けてきた純情攻もどちらも可愛い!そしてそんな攻の恋情に感化されて自分の感情に気付いていきながらも、土壇場では引いてしまう彼らをグッと引き寄せる受二人のキャラクターもとても良かったです。描き下ろしでバカップルぶりが楽しめたのも大満足!
読了日:10月10日 著者:ナツメカズキ
眠り男と恋男 (ビーボーイコミックスデラックス)眠り男と恋男 (ビーボーイコミックスデラックス)感想
初読み作家さん。表題作+4篇収録の短編集。エロいとは聞いてたけど、素晴らしい画力のエロスで眼福。ストーリー自体もしっかりしてて面白かったし、どのお話もそれぞれ受か攻どちらかがいじらしくて可愛い。とくに表題作の受の、意地っ張りで素直じゃないけど攻への好意がわかりやすいツンデレっぷりが大変萌えでした♪ 4本目の痴漢プレイよろしく車内で及ぶエチや、最後の緊縛プレイもめちゃくちゃエロくて良かったです!
読了日:10月10日 著者:座裏屋蘭丸
黒曜の災厄は愛を導く (リンクスロマンス)黒曜の災厄は愛を導く (リンクスロマンス)感想
2段組でがっつりファンタジーを楽しませてくれて大満足!けど忌み嫌われる存在ゆえに次々と降りかかる受の受難っぷりがあまりに凄惨で読むのがシンドかった…。それでも荒み恨みながらも人としての情を捨てきれないところが好感持てて良い。ほぼラストまで攻と言葉が通じないままなのでじれったかったけれど、なんとなくの意思疎通でも攻が受に好意を寄せているのが感じられるようになっていてそれがツラさの中で唯一の救いだったし、後書きに書かれてましたけどこれでもう少し二人の甘々ラブイチャが見れたら文句なしだったかなw春夏編も楽しみ!
読了日:10月9日 著者:六青みつみ
白狐と狐姻。 (角川ルビー文庫)白狐と狐姻。 (角川ルビー文庫)感想
ほんのり切ない要素がありつつもモフモフで可愛くて面白かったー!出会ってしまったことで互いに孤独を味わうことになったけれど、出会えたからこそ今の幸福がある、そういう巡り巡る運命的なお話だったのも良かったし、なにより多少強引さはあれど生真面目で受にゾッコンな攻が微笑ましくて。ほくほくと嬉しそうにしている様子や受のために何かしたくてしょうがない様子が可愛くて大変ツボでした。受も程よく状況を受け入れつつ攻のことを知ろうとするいじらしさが可愛く、期待していたチビたちは皆イイ子で和み。展開は予想しやすかったけど(続
読了日:10月6日 著者:鴇六連
夜が明けても (ディアプラス・コミックス)夜が明けても (ディアプラス・コミックス)感想
まさおさんらしいお茶目で可愛らしいお話で大満足!お互いに恋愛については苦い経験しかないぶん手探り状態で、不安を拭うようにそれぞれのやり方で歩み寄ろうとしているのが逆に空回りしててじれったいけど微笑ましい。恋人になる前は攻の眼鏡を邪魔にしていたのに、いざ自分に熱視線が向けられると不安から裸眼に耐えられない受が面白可愛かったですwあの場面で「こいつは誉められて伸びるタイプ‼」にも思わず笑っちゃった。ちょっとしたギャグ系表情とかまさおさんのこういうコミカルさが好きだな~。微妙にズレてる二人の会話も面白かったです
読了日:10月5日 著者:まさお三月
ハートの隠れ家(4) (ディアプラス・コミックス)ハートの隠れ家(4) (ディアプラス・コミックス)感想
完結巻。最後までハルトが可愛くて萌えた~。本当に泉と一緒なら幸せなんだなっていうのが表情や態度から感じられてほっこりするやらキュンとするやら。ハルトの態度だけでなく、ハルトを想う泉と自分との差を見せつけられたらそりゃ市丸も諦めざるを得ないよなw後半は長屋が取り壊され離れ離れになったことに寂しさを感じたのもつかの間、また自然と皆で寄ろうとしている様子にほっと和めるラストで大満足。プライバシーはなくとも温かみのある関係が楽しいシリーズでした。意地っ張りモモは相変わらずだけどジンと一緒が幸せそうで安心した^^
読了日:10月4日 著者:夏目イサク
それはたぶん愛しいってコト (ディアプラス・コミックス)それはたぶん愛しいってコト (ディアプラス・コミックス)感想
前作が良かっただけに期待しすぎたのか…意地っ張り同士というか素直じゃない者同士というキャラクターは面白かったんだけど、感情移行がちょっと違和感があってすんなり話に寄り添えなかったのが残念。傲慢な攻が不器用にも受への好意を示そうとしている様子は可愛げがあって良かったんですけどね~。お互いがお互いの存在で解放されたり己を改めたりして変わっていくのもストーリーとしては面白かったです。
読了日:10月4日 著者:南月ゆう
いくじなしのスペクテイター (シトロンコミックス)いくじなしのスペクテイター (シトロンコミックス)感想
表題作+1篇収録。前作が良かったので購入したものの、今作は歪んでる子とSMな子しかいませんでした…。SM関係は話としては面白いけど好みじゃないのでイマイチ感情移入できなかったし、表題作は微妙な三角関係というバランスは面白かったけどこちらも皆素直じゃないせいでイマイチ話に乗り切れなかったかな(苦笑)あ、意外と受が好きな攻は可愛くて萌えたけど。
読了日:10月3日 著者:山本アタル
恋は思いがけず (白泉社花丸文庫)恋は思いがけず (白泉社花丸文庫)感想
互いにお似合いの相手と巡り合えて良かったね!っていう、可愛くて微笑ましいラブコメだった。恋愛に夢見てて重い攻の恋愛観も、異国育ちでまさに純真無垢な素直で大らかな受だからこそすべて嬉しいことだと受け止めてもらえ、常識がズレてて天然な受も構いたがりで性格は好青年な攻だからこそ面倒がらずに受け入れ可愛く思っている、そういう傍から見ればただのバカップルだけど本人たちは無意識な様子が読んでて楽しかったw嫉妬や独占欲を覚えても恋愛下手と初心者だけあって周りに教えられないと気づかないあたりもじれったいけど微笑ましかった
読了日:10月3日 著者:川琴ゆい華
ろくでなしと俺 (ドラコミックス)ろくでなしと俺 (ドラコミックス)感想
サラッと楽しめるラブコメだった。ロクデナシながら可愛げがあって憎めない攻に振り回されて気づけば落ちてる受がお人好しで微笑ましかった。スッカリ転勤に連れていく前提で考えてる受とか思わず笑っちゃったよwけど、大人としてはどうだろう?という攻だったけどあそこまでストレートに好き好き言われちゃうとだんだんその気になっちゃうのもしょうがないよね!(笑)蜜色パンケーキの番外編は嬉しかったもののちょっと中途半端な内容だったような…?別れさせようとするマネの存在が気になるし、いっそ続編で1冊出してくれたら嬉しかったな~。
読了日:10月1日 著者:木下けい子
花嫁男子  ~はじめての子育て~ (幻冬舎ルチル文庫)花嫁男子 ~はじめての子育て~ (幻冬舎ルチル文庫)感想
少々後半で攻の変化がしっくりこない感じはあったものの、俺様な攻とながら微笑ましくて和やかな疑似家族っぷりがほっこりできて良かったです。男子限定というのもゲイというわけではなくちゃんと理由があったり高慢な態度の裏では色々と愛情が足りてない人生だったりと、攻がわりとギャップの人だったのもキュンとできたし、受は受で最初から最後まで真面目で一生懸命なところが好感持てて好印象。ラストの養子云々はちょいやり過ぎ感はあったけど、甘々なラストが気持ちよく読了できて満足でした。蒼介が健気で可愛くて和み!
読了日:10月1日 著者:金坂理衣子
優男とサディスティック (Charaコミックス)優男とサディスティック (Charaコミックス)感想
張り詰めたような緊張感とコミカルさが同居しててさすが秀さんといったところ。元いじめっ子といじめられっ子の再会がストーカーとその対象っていうのも面白かったけど、再会が互いに秘めていたMっ気とSっ気を芽生えさせていく二人のバランスがゾクゾクするような非日常感があって面白い。嫌悪していながら気づけば吉野に振り回され存在を受け入れて始めている自分に戸惑い葛藤する地味な高瀬が不意に見せるSな一面はまさにギャップ萌えだし、変態ストーカーな高瀬もいじめられてた吉野視点で見るからこそSっ気を擽られるのが納得のキャラでした
読了日:10月1日 著者:秀良子

読書メーター
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1458-c82c2f88
Listed below are links to weblogs that reference
読書メーター 10月分まとめ from Colorize

Home > bookmeter > 読書メーター 10月分まとめ

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 09 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。