Home > スポンサー広告 > みずのいろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1488-417cacf9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > みずのいろ。

Home > MA * other > みずのいろ。

みずのいろ。

  • Posted by:
  • 2015-12-10 Thu 18:14:08
  • MA * other
みずのいろ。 (H&C Comics CRAFT SERIES)
槇えびし
大洋図書 (2015-12-01)
売り上げランキング: 1,732

生と死が隣り合わせの街「天国」。記憶のない少年・礼夏は、全身傷だらけの殺し屋・世都とこの街で暮らしている。彼はいつも礼夏に赤い服を着せ、とても優しく、ふとした瞬間泣きそうに笑う。それはいつも礼夏を不安にさせた。けれどある日、世都の過去を知る男・ロマネが現れてからいつもの日常は変化して……


 僕を 愛して

 殺し屋×記憶喪失の少年。
 三者三様の愛と幸せの物語。

 両親の死が原因で記憶を失っていた少年と、その少年に別の人物を重ねつつ愛されることを求め続けている殺し屋の日常に第三者が介入したのをキッカケに、物騒だが二人にとって平穏な日々が変化していくお話

* 感想 *


 感想にするのが難しくて、上手くまとまりそうにないので簡潔に。
 この作品は読んだ人それぞれが感じたことばすべてだと思うので、興味を持たれた方は読んでみるのをおすすめします。ただ、CP表記では掛け算してますがキス止まりなうえに受攻は判明してないくらいなので、BLとしての萌えを求めると物足りないかもしれません。その点はご注意ください

 では感想。

 10年越しの連載なのもあり、290Pオーバーのボリュームで読み応えたっぷりのお話でした。
 そしてただ長編なだけでなく無法地帯の「天国」を舞台に繰り広げられるそれぞれの想いが切なくてグイグイ引き込まれ、圧倒されるように一気に読了。
 求める幸福が重なり合っていない物悲しさや、愛しさと憎しみが隣り合わせな複雑さ。世都の痛々しさと相反する純真さなど、様々な感情が渦巻いててすごく濃厚な世界観だったなっていうのが一番の印象でしたね。
 悪人かと思ったロマネでさえ彼なりに世都のことを思い一途に愛し続けていたし、両親を殺された恨みを抱えながらも世都のことを憎み切れなかった礼夏の葛藤と苦悩も切なくて胸が締め付けられっぱなし。
 そのうえやっと幸せを掴みかけたかとホッとしたのもつかの間、ラストの世都の見ている世界にまたトンと物悲しさを押し付けられて遣る瀬無さが残る読後感でした。
 傍から見ればどうであれ、それぞれなりに幸せと愛のカタチを自分の中で見つけられたことを思うときっとこれも幸福な結末だったんだろうけど、個人的にはスッキリとした終わり方じゃなかったぶん色々と考えざるを得ない終わり方だったかな。ま、カバー下のロマネにはちょっと癒されたのでそれが少しだけ重い読後感を軽めてはくれたけど。

 とりあえず、どちらかというとBLというよりは人間ドラマなお話だったと思います。
 世界観や設定の複雑さを取り払うと、シンプルに愛し愛されたいと乞う幸せを求める物語だと思うので。
 だからこそ、礼夏視点で考えると遣り切れないけど、哀しい世都の生い立ちを思うとどうか何も知らないまま彼のすべてを受け止めて精一杯愛し続けてあげてほしいなと願う、切なくて不器用な愛のお話でした。

 ちなみに今作は萌えはなかったので萌えポイントは割愛。
 イマイチまとまってないのに結局そこそこの長さになっちゃって反省…💦
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1488-417cacf9
Listed below are links to weblogs that reference
みずのいろ。 from Colorize

Home > MA * other > みずのいろ。

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。