Home > スポンサー広告 > 優しい鬼の封じ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1493-f37d1004
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > 優しい鬼の封じ方

Home > KA - other > 優しい鬼の封じ方

優しい鬼の封じ方

  • Posted by:
  • 2015-12-17 Thu 18:21:44
  • KA - other
優しい鬼の封じ方 (ショコラ文庫)
楠田 雅紀
心交社 (2015-12-10)
売り上げランキング: 8,309

高三の鬼塚真人は一学年下の真名井仁龍に興味を持たれ、一緒にお昼を食べるようになる。運動神経抜群で人気者の仁龍が地味な自分に構うのを不思議に思いつつも、彼の優しさに惹かれていったある日。仁龍が鬼を退治する鬼鎮めで、真人が鬼の血を引くことを知る。真人は鬼を憎む仁龍と距離を置くが、女子に告白される姿を見て鬼の力を暴走させてしまう。するとなぜか仁龍は真人を抱きしめキスしてきて……。


 俺には、あんたを退治するなんてできねえ

 鬼鎮め×鬼。
 高校生同士の年下攻。

 鬼と人間のハーフだったことを知らずに育ってきた受がある日、事故に遭いそうなったのをキッカケに鬼の力に目覚めてしまい、それに気づいて駆けつけた鬼鎮めの一族である攻に興味を持たれる。鬼じゃないかと疑われていたのもつかの間、いつしか優しい彼に惹かれ攻もまた受のことを好きになるが鬼鎮めと鬼という関係が二人をすれ違わせ…というお話。

* 感想 *


 鬼が主役のファンタジーというよりあとがきにあったとおり確かにピュアな高校生同士の恋愛話だったなあという印象のお話でした。
 鬼鎮めと鬼だけあって最初こそ真人(受)の両親は距離を置けと言っていたり仁龍(攻)の兄が鬼である真人を退治にやってきたりと周囲が許さない感じだったけど、二人が好き合ってることを知るとそれなら…と割とゆるめな結論に落ち着いたし、多少気持ちの面でもすれ違いはあったものの仁龍のがっつきっぷりを見てると真人の思い込みなだけで安心して切なさを楽しめて良い
 なかなか濃そうなファンタジーかなと思いきや全体的にアッサリ目だったのも、良く言えば初々しくて甘酸っぱい二人の恋模様に焦点を当てて楽しめて良かったです。

* 萌えポイント *


 控え目で優しい、でも最低限の主張はできる真人のいじらしい可愛さと、きっと最初のキスの時点で少なからず真人に好意を持ってたんだろうな~そんでだんだんそれが強くなっていったんだろうな~っていうのが伝わってくるような仁龍の積極性も可愛げがあってツボ。
 グイグイ押してるかと思いきや、不意に物慣れなさを漂わせるように落ち着きをなくす仁龍の様子が一番ニヤニヤできてお気に入りです♪
 キスとか触り合いっことかのえっちぃシーンも、イチオウ鬼の力を抑えるという大義名分を掲げながらも始めてしまえば若さに任せて…みたいな我慢の利かないような雰囲気が大変萌えでした❤
 ピュアな恋愛模様含め、若いって素晴らしいね!w
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1493-f37d1004
Listed below are links to weblogs that reference
優しい鬼の封じ方 from Colorize

Home > KA - other > 優しい鬼の封じ方

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。