Home > 一穂ミチ > 雪よ林檎の香のごとく

雪よ林檎の香のごとく

4403521940雪よ林檎の香のごとく (新書館ディアプラス文庫)
一穂 ミチ 竹美家 らら
新書館 2008-07-10

by G-Tools

中学受験も高校受験も失敗し、父の母校に進学する約束を果たせなかった志緒。今は、来年編入試験を受けるため、じりじりする気持ちを抱えながら勉強漬けの毎日を過ごしている。五月雨の降るある日、志緒は早朝の図書館で、いつも飄々としている担任・桂の涙を見てしまった。あまりにも透明な涙は、志緒の心にさざなみを立て──────。静かに降り積もるスノーホワイト・ロマンス。


 まず表紙の雰囲気に一目惚れし、しかしこれがデビュー作という新人さんだったので、色々レビューを拝見。すると、読まれた方のほとんどが好評されていたのでアッサリ購入(笑) けど、本当にいい作品でした。読んでよかった。

 個人的に、竹美家さんのイラストの雰囲気がスゴイ好きなんですが、この作品にめちゃくちゃ合ってましたね。なんというか、まさしく相乗効果? 静かで、柔らかい…静謐な空気がぎゅっと詰まっている作品だったと思います。あれだ…最初は、志緒が一年の梅雨から始まるのですが、ずっと卒業前の、誰も居ない午前中の三年生フロアみたいな…そんな雰囲気が続いてるんですよね。しんと静まり返っていて、少しだけ寂しくて、でも未来を見据える凛とした強さみたいなものがある。全体的には柔らかいのに、主人公の志緒が余分なものはいらない、必要なものだけ在ればいい、という、強くて一本芯が通ったような性格だからなのか、すごく前向きなんですよね。好きで好きで、どうしても桂という人が欲しくて、だけどやっと手に入ったからといって、決して恋愛感情だけには流されない、そういうところも読んでてすごく好感が持てました。そんな志緒が最後のほうで、桂を想って涙を流し、栫を相手に「好きだから、好きでいる」という、帯にも書かれているセリフを言うシーンでは、そんな潔癖さと強さが好きだと思うと同時に、こういう志緒だからこそ桂の気持ちが動いたんだろうなと改めて思ってみたり。ホント可愛いのにちゃんとカッコイイところも持っている、等身大の高校生ってキャラでしたね、志緒ちゃんは。
 一方、桂のほうは恋愛に対して臆病になっている大人でしたが、一度深く傷ついたからこそ次の恋に踏み出せない、大人ゆえの弱さに思わず共感してしまいました。でも、だからってヘタレってわけでもないんですよね。飄々としている中にふっと垣間見える臆病さに庇護欲をそそられるタイプというか。志緒が桂を可愛いと表現するシーンがあるのですが、そこはまさにって感じでした。大人の部分と、大人になりきれない部分とを併せ持った人物ってところかな。カッコよく口説いてみたり、子供みたいに平然と外でキスをしてみたり…けど心の中にはずっと傷を抱えてる、そういう人でした。個人的には大好きなタイプ(笑)
 またさー、最後が桂と葉子との再会から始まり、雪が降る中桂がひとりで志緒の家の前で彼を想いながら待っているところで終わる、その終わり方がにくいっ。読み終わったあとに残るのは、胸のどこかがきゅっとするような、まさしく林檎のような甘酸っぱさでした。

 とにかく、文章が上手くて、読み始めるとあっという間に物語の中に引き込まれてしまい、一気に読了してしまいました。地の文の静かさと、桂と志緒が会話する柔らかさ、その両方が絶妙に混ぜ合わされてて、読み終わった後にはきっと恋っていいなって呟けるんじゃないかな(笑)
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/150-721de5d2
Listed below are links to weblogs that reference
雪よ林檎の香のごとく from Colorize

Home > 一穂ミチ > 雪よ林檎の香のごとく

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2019 09 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Return to page top