Home > スポンサー広告 > 男に二言はありません

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1512-6416888c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > 男に二言はありません

Home > A * other > 男に二言はありません

男に二言はありません

  • Posted by:
  • 2016-01-15 Fri 18:08:15
  • A * other
男に二言はありません (GUSH COMICS)
案丸 広
海王社 (2016-01-09)

同じ柔道部で練習に励み、親友で……いつも競い合い、お互いを高め合ってきた俺と柴村。なのに、なぜか最近よそよそしい。理由を聞くとなんと俺に欲情してしまうというのだ!柴村の嗜好は理解できないが、いつも真っ直ぐな柴村が悩んでいるのもかわいそうだ。一度シてみたらすっきりすんじゃないか、と提案すると、柴村はあろうことか俺の尻の穴を弄り始めた!! しかも富士山みたいに膨らませたデカ●ンを押し付けてきて───!?


 お…お前のがデカすぎなんだよ!

 デカ●ン絶倫×クール眼鏡男子。
 高校生もの。表題作+幼馴染5人のリンク作3本収録。

・ライバル+1/お前が好きって言ったんだろ! → 同じ柔道部でライバル同士だった二人が告白してきた攻の問題解決のために一線を越え、それによって受が攻を意識し始めていく青春ラブ
・幼馴染、恋とす → 幼馴染で恋人同士の二人だが、どこでも盛る攻とは違い好きだけど幼馴染としての関係を捨てきれずエッチを拒む受。ある日突然攻が離れて行ってしまうかもしれないという話を聞いた受は改めて彼との関係を考え直し…というお話。
・100人斬り男、1/1000となる!様々な女の子と気楽に遊んでいた軟派受が、週に一度銭湯で一緒になる、自分と同族の年上の攻を意識していき彼のオンリーワンになるお話
・幽囚の屋敷 → 家業の手伝いで訪れた屋敷で受と出会い囚われの彼に惹かれ関係を持つようになるが、それは自分を攻への身代わりにするためで…というお話。

* 感想 *


 短編集だったけど、登場人物がリンクしていたせいかそれほど物足りなさを感じない1冊でした。
 ただ興味を引かれた表題作が短かったのはちょっと残念だったし、帯から期待したほどのエロさがなかったのは拍子抜けではあったのですが、十代らしい程よい絶倫ぶりで個人的にはエロ方面は満足
 ライバル同士、柔道と恋に揺れる甘酸っぱくて初々しい王道青春ラブっぷりがほっこりでて良かったです。初めてで巨●相手にばっちり感じられた遠藤(受)のミラクル資質に乾杯★w
 あと受が気絶してる間もじわじわ動いてる絶●攻っていうのもなかなかエロくて楽しかったです!

 ほか、遠藤の幼馴染4人の恋模様もそれぞれバラエティに富んだ微笑ましいさと面白さで◎。
 幼馴染同士でくっついた二人は王道幼馴染ものだったのでサラッと読み流しちゃったけど、100人斬り男は遊び慣れているふうで意外と二人とも本気の恋には不器用なところが微笑ましくて可愛かったし、ストーリー的に面白かった最後の引きずり込み系身代わりものは病んでてゾクッとするほの暗さでこのまま終わったら後味悪いなーと思ったら、描き下ろしで幼馴染たちに救われたらしい高志(受)が重たい空気を一蹴してくれて気持ちよく読了。
 攻→受→受という連結3Pも病んでる中にもエロくて萌えだったうえに、一方通行の執着がもたらす切なさが読んでて面白いお話でした。せっかく高志(受)を身代わりにして逃げ出した美貴彦さんだけは結局切ない最後だったので、彼にもいつかどこかで幸せになれるといいな。

 それにしても、お地蔵さんの由来がアレなんですけど…別にこれ呪いじゃないよね?笑

* 萌えポイント *


 デカ●ン絶倫攻が目玉かなと思って購入したものの、ストーリー上そこはそれほど目玉ではなかった気がしたので、4篇通しての萌えポイントは高校生らしい不器用で一途な直向きさだったかなと思います。
 表題作の二人にしろ、幼馴染カップルにしろ、軟派イケメンカップルにしろ、恋心を上手にコントロール出来てない様子が甘酸っぱくて大変微笑ましい子たちばかりなんですよね~。
 ラストのお話だけは一番年下の高校生受の度量が一番広かったというラストがイイ意味で予想を裏切った着地で面白かったですけど、彼にしても好きな人を助けたいという一途な想いがキュンとさせて良かったです♪
 高校生メインのお話は王道でもいいからやっぱり甘酸っぱさと不器用な一途さがないとですね!

 あ、あと感想のところでも書いたけど気絶中もやめない攻と連結3Pエチはとても萌えでした。
 それ以外のカップルも初めてが野外だったり銭湯だったりと、ストーリーだけでなくエチの場所もバラエティに富んでてかったです(笑)
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1512-6416888c
Listed below are links to weblogs that reference
男に二言はありません from Colorize

Home > A * other > 男に二言はありません

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。