Home > スポンサー広告 > 酷くしないで (4)・(5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1514-7d6b2a4a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > 酷くしないで (4)・(5)

Home > ねこ田米蔵 > 酷くしないで (4)・(5)

酷くしないで (4)・(5)

酷くしないで4 (ビーボーイコミックス)
ねこ田 米蔵
リブレ出版 (2013-12-10)

別々の大学に進学し、毎日会えない代わりに2人の時間をガッツリ充実させている真矢と眠傘…❤ 真矢は相変わらず女の子にモテモテで、ギャルソンのバイト姿もキマッってる。「かっこよくて惚れ直した」眠傘の天然ストレート発言に思わず赤面&幸せ~❤ なのに大学でできた眠傘の初めての友達に真矢は嫉妬心メラメラ…。まったくもー! 単行本描き下ろしは念願の××!?


 あの真矢が「恋愛にドハマりしてる」宣言!?

 この巻から大学生編スタートということで!
 すっかり危なげなくラブラブな様子に始終ニヤニヤしっぱなしで読了。
 あ、いや、ネムネムにゲイの友達が出来てからは真矢の嫉妬大爆発でひと揉めあったけど、結局は惚れたほうが負けというか(笑)、相変わらず天然で色恋慣れしないネムネムに真矢がひとりで嫉妬しては振り回されて折れて無事モトサヤ、という流れがなんだかキュンとさせられてとても良かったです。微笑ましいというより相思相愛感が巻を重ねるたびに増していく二人だよね。

 それにしても、ちゃんと恋人になってからの真矢は男前度が右肩上がりで堪らない!
 嫉妬深いのも攻様としてはこの程度だと充分萌え要素だし、なんのかんのでベタ惚れなのもあって突き放す振りをしても最後は真矢のほうが折れるっていうのがイイ(笑)
 通行人女子と目が合ったときの「しぃー」とか、すっげキザだけどイケメンなのもあって真矢がやるとキュンとさせられちゃったしねw ま、だいぶ少女漫画チックではあったけどw

 ほか、ネムネムも男子だというのを意識させられるような真矢に対するエロ目線とかも適度に盛り込まれててニンマリしちゃったり、新キャラの沖野君との可愛らしい友人関係にもほっこりできたりと、今後の継続がますます楽しみになってきた大学生編でした。
 今回の恋は寂しい結果になっちゃったけど、沖野君も可愛かったので彼にも早くイイ人現れることを願いつつ、次巻も期待しています!

 そして同時収録されていた十太編は…十太の拗らせ方がなんていうかもう…。
 でも今度の相手は一筋縄じゃいかなそうだし、もしかしたら十太を再教育してくれるかも?(笑)
 周囲のためにも、ぜひとも先生よろしくお願いします!!




酷くしないで (5) (ビーボーイコミックス)
ねこ田 米蔵
リブレ出版 (2016-01-09)

なんとか破局の危機を乗り越えた2人は温泉旅行でラブラブ大復活。「虫よけ」と言ってペアリングを渡しちゃうくらい眠傘を甘やかしまくる真矢なのだ。そして居酒屋バイトを2日でクビになりションボリな眠傘に、真矢は塾講師のバイトをすすめる。一方真矢は大学で流夏という不思議な青年に急接近され…? 真矢のドSが久々に解禁されたエピソードも追加収録❤


 大学編2巻目。
 帯にあったとおりペアリングを持ち合いつつも、そこは生真面目さが勝っているネムネムですからすんなり一緒に付けてくれることはなく(笑) けれど前巻よりもラブラブ?!っていうくらいの甘々さから始まったものの、そんな甘々から一転、新キャラ登場で二人の仲が突然グラついて後半ひやひやしっぱなし
 あとがきによると今回はネムネムの嫉妬がテーマっぽかったので今までの彼を思うと真矢が好きで不安に揺れちゃう様子は可愛かったんですが、さすがにここまで一気に追い詰められてるのを見てるとハラハラさせられまくりでしたね(苦笑) しかも真矢のほうも恋愛感情ではないけれど新キャラの流夏への興味が目に見えて芽生えていくので余計にあっという間に膨らんでいったネムネムの不安が切ない

 しかしそこは真矢が大人になったぶん、素直な優しさや心細そうな本音がネムネムの不安をごっそり取り除いていってホッ
 こういう姿見てると、真矢はほんとイイ彼氏になったなーと改めて思うね。
 独占欲ゆえの嫉妬具合といい、些細な気遣いといい、何か起こったときのネムネムへの対応といい。
 まだたまーに無神経な言動もあったりするけど(まさに今回はそれが原因だったが苦笑)、ほぼ攻としては申し分のない理想の彼氏って感じになってきてて普通に読んでて萌えました♪ ネムネムが好きすぎてちょっぴり情けなさを吐露する姿とか、音が鳴るくらい思わず胸がキュンとさせられちゃったしね(笑)

 とまあ新キャラが登場したことでハラハラはさせられたものの、最後は雨降って地固まる甘々バカップルに落ち着いて胸を撫で下ろした5巻。
 流夏と知り合ったことで真矢が司書が向いてないことに気付けたり(本当にこのまま真矢が司書!?って思ってたからすごく納得の展開だったw)、二人の間で釣り合い不釣り合い関係なく恋人として関係を再確認できて絆が強固になったりと、変わらないようで少しずつ歩いて行っているのが感じられる内容になっていてとても面白かったです。
 しこりがなくなったとたん今度はネムネムのほうがスッカリ流夏フリークになっているのが苦笑いではあったけど、彼の存在が今後の二人に良い影響を与えることを祈りつつ(笑)、次巻を楽しみに待ちたいと思います!
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/1514-7d6b2a4a
Listed below are links to weblogs that reference
酷くしないで (4)・(5) from Colorize

Home > ねこ田米蔵 > 酷くしないで (4)・(5)

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2017 11 »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。