Home > 草間さかえ > 真昼の恋

真昼の恋

477811051X真昼の恋 (ショコラコミックス)
草間 さかえ
心交社 2010-12-30

by G-Tools

できる営業のつもりでいた中川真昼が新しく任された取引先 ─── そこは経営経験ゼロの天真爛漫な青年・岡崎一が営む、どう考えても潰れそうな町工場だった。リストラの前触れかと落ち込む正午をよそに、一は腹が立つほど前向きに仕事をこなしていく。年下の男は嫌いで、自分の名前も嫌いだった。それなのに「まひるさん」と嬉しそうに呼ぶ一が、次第に特別な存在になってきて───。


 年下ワンコのハジメが可愛すぎて身悶えました…!
 なにあれなにあれ!なんなのあの可愛さっっ(≧ω≦) ビックリするくらい、ド ス ト ラ イ ク で し た ! たぶん、今まで読んだ草間さんの作品で一番好きだわ…ストレートに好みだ。

 とにかくハジメが正午に対していつだって全力投球で、そのせいでちょっぴり空回りして余計な嫉妬でまた空回りして…っていうのが読んでてオカシイやら可愛いやらで(笑) けど、そういう先走りや空回りが全然鬱陶しくなくてただただ微笑ましいのが堪らないんだよね~。とくに誕生日のエピソードがもう…!(悶絶) 後から、あれもこれも誕生日を一緒に過ごしてもらいたかったからかと気づくと、正午じゃないけど年下の健気な可愛さっていうのホント立派な武器だなと思わざるを得ない(笑) きっと、そういうふうに真っ直ぐ愛そうとするハジメだからこそ、年下嫌いだった正午も惹かれたんでしょうね~。勘当同然だった父親にちゃんと認めてもらおうと頑張る二人とか、とても微笑ましかった。つか、ハジメの家族が随分寛容で(笑) まさか親父の心配がそっちだったとは…イイ父親じゃないの(笑)

 でもまあ、それも含め全部、正午の最後の台詞に持って行かれましたけどね!(笑) リアルに、「ちょ!そうじゃねぇえええ!」ってツッコミ入れたのは私だけじゃないはず(笑) いやはや、最後の最後で正午には爆笑させていただきました。考えが先走りするところは、意外と似た者同士の二人ですよね(笑)
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/207-bd610dbd
Listed below are links to weblogs that reference
真昼の恋 from Colorize

Home > 草間さかえ > 真昼の恋

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2019 10 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Return to page top