Home > スポンサー広告 > リナリアのナミダ―マワレ―

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/706-07bba597
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Colorize

Home > スポンサー広告 > リナリアのナミダ―マワレ―

Home > 崎谷はるひ > リナリアのナミダ―マワレ―

リナリアのナミダ―マワレ―

4344823729リナリアのナミダ―マワレ― (幻冬舎ルチル文庫)
崎谷 はるひ ねこ田 米蔵
幻冬舎 2011-11-15

by G-Tools

佐光正廣は、不運が重なり三年連続で受験に失敗し、二十一歳にして専門学校に入学した、いわゆる仮面浪人。荒んだ気分で煙草を吸う佐光に、「ここは禁煙」と学校の売店店員・高間一栄が注意してきた。以来、声をかけてくる高間を不愉快に思いながらもなぜか気になる佐光。ある夜、高間に助けられた佐光は次第に心を開き始め…!?


 あんたのキスは、なんかあまい。くせになる

 信号機シリーズ6作目。
 佐光弟がメインのお話。
 先にナゲキを読んだせいで、漸くこの兄弟に関する事情が判明してスッキリした

 さて、あとがきにシリーズ中一番剣呑な事件と書かれていたとおり、恋も人間関係もドロドロに入り乱れているような話でした。佐光も高間も、それぞれが置かれている状況がとにかく重い(苦笑) でもそのぶん、イイ方向へと流れていく過程は読み応えがあって面白かったです。厚さのぶんだけぎっしり内容詰まってた! まあおかげで仰向けに寝転がって読んでると腕が筋肉痛になりそうでしたが(笑)

 なにより状況に潰されない佐光の存在が良かったですね。自暴自棄になりながらもギリギリのところで踏み止まりたいと思い足掻いていた佐光が、高間と関わることで自ら軌道修正していく様子が面白い。なんだろう・・・思ってた印象と違ってたせいもあるのかな。荒れてはいても根っこまで腐りきっていないぶん、なんとか這い上がろうとする彼の真っ直ぐさが眩しくもあると同時に、追い詰められて弱る姿は年下らしい庇護欲をそそってイイんだよね。自棄になって遊んでただけあって可愛げのないところも確かにあるんだけど、ヘンに捻くれてないから妙に素直さが可愛い瞬間があるというか。ただ尖がって突っぱねるだけではなく、ちゃんと考えて柔軟に対応できるところが好感持てる子だった。高間側のキッカケはどうあれ、自身も傷を抱えた彼が守りたいと思う気持ちが妙に理解出来る子だね。

 そしてその高間はというと、保護者的な立場から恋愛感情への流れが曖昧で微妙に気にはなったものの、最初から惹かれてたのもわかるし佐光と違って捻くれてる彼からしたら微笑ましい結末だったかなと。やっぱり佐光がブレないので、過去にも佐光にも中途半端に関わろうとするところがちょっぴり煮え切らなく感じたなあ。あと、種類は違えど佐光と同じくらいけっこう複雑な背景抱えているにも関わらず、そのあたりがなんとなくおざなりな気がしたのも少し残念だったかな。・・・いやまあそっちも突き詰めていくとなると1冊には収まりきらないんだろうけどさ(苦笑)
 佐光なりのやり方で過去ごと停滞していたものを昇華されていく様子はキュンとしたし、難しい奴だと周囲からは言われながらも、こんがらがった恋しかしてこなかったせいか真っ直ぐに想いをぶつけてくる佐光に押され健気な一面を覗かせる高間はなかなかに可愛らしかったです。

 それにしても、先にナゲキを読んだのもあって、誰にも理解されないどころかドンドン孤立し誤解されていく清也の様子に胸が痛かったー… 裏でどんだけセクハラパワハラに苦しんでいたのかわかってるだけに余計にね…。
 なのでこれ読み終わってすぐナゲキのラスト、ラブラブなところだけ再読しちゃったよ。あのまま終わるんじゃなく、ちゃんと清也メインの話もあって幸せ掴めて良かった良かった(シミジミ)
 兄弟揃って年上の恋人と仲良くやりな☆
関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://clrz.blog.fc2.com/tb.php/706-07bba597
Listed below are links to weblogs that reference
リナリアのナミダ―マワレ― from Colorize

Home > 崎谷はるひ > リナリアのナミダ―マワレ―

Author

                祐

  • Author:祐 (tasuku)
  • 本と音楽があればゴキゲン。
    CM&TBお気軽に(*'-'*)

  •          follow us in feedly

RSS
Calendar
« 2018 12 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。